筋トレをする理由(モチベアップしたい方へ)

 

筋トレをする理由って?

筋トレしているけどモチベが上がらない。筋トレやる理由を知りたい

という悩みをもった方に向けて書いています。

 

結論からいうと

 

「筋トレする理由は大きく分けて4つ存在します。すでに筋トレやっていてモチベが上がらない人は筋トレする理由を増やすと良い」

 

本記事では体験談も交えながら、筋トレをやる理由について詳しく解説していきます。

 

また、すでに筋トレをやっていてモチベが上がらない人も、「筋トレをする理由」を増やす事によって、モチベアップにつながります

 

この記事を書いているボクは

 

 

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

筋トレをする理由を知り、筋トレを始める・モチベを高めていきましょう。

レッツゴー。

筋トレをする理由

 

人はなぜ筋トレをするのでしょうか?

ボク(パーソナルトレーナー)が、クライアントさんに「あなたが筋トレをしている理由は?」と聞きまくりました

 

答え自体は聞いた人の数だけあったので、ジャンル分けして紹介していきます。

 

①理想に近づきたい(自己満足)

 

②なめられたくない(自己防衛)

 

③誰かを振り向かせたい(承認欲求)

 

④健康であり続けたい(危機感)

といった感じでした。

 

おそらく、大半の方はこの4つに当てはまるんじゃないかなと思うのですが、

 

分かりやすく1つずつ解説していきますね。

 

①理想に近づきたい(自己満足)

 

「海外のマッチョのようなカラダになりたい」

「モデルみたいなカラダになりたい」

 

といった理由で筋トレする方々です。

 

誰しも「理想に近づきたい」と思っているはずで、正当な理由ですね。

 

「痩せたい」

→筋トレ+食事制限

「マッチョになりたい」

→筋トレ+増量食

 

といった感じで手段は理想に応じてさまざまです。

 

 

理想って自分のキモチの中で完結するので「自己満足」と言い換えても差し支えないでしょう。

 

この「自己満足」の特徴としては

・現状に満足していない

・もっともっと向上したい

という人が多い印象です。

 

 

②なめられたくない(防衛)

 

「ナヨっとしていると言われるのが嫌だ」

「上司や取引先に見た目でなめらたくない」

「誰かを守りたい」

 

といった理由です。

 

誰かにこう思われたくない。といったキモチがあるのと思うので「防衛」となります。

 

この「防衛」の特徴として

・傷つきたくない

・誰かを守りたい

という人が多いです。

 

 

③誰かを振り向かせたい(承認欲求)

 

「誰かにモテたい」

「元カレ(元カノ)を振り向かせたい」

 

といった理由です。

この理由、意外なほどにクライアントに多かったです。

 

たとえば、

「今度、元カレとの共通の友人が結婚式があって、そこで元カレと会うので”キレイになったと思わせたい”」

 

などなど。

 

この理由って”誰かを〇〇と思わせたい”、”認められたい”というキモチがあるので「承認欲求」といっても過言はないでしょう。

 

「承認欲求」の特徴として

・寂しがり屋

・いつまでもキモチが満たされない

という特徴があります。

 

 

④健康であり続けたい(危機感)

 

「親族が早くに病気で亡くなって運動しようと思った」

「長生きしたい」

 

といった理由です。

特に、40代を超えた人に多い回答でした。

 

やはり人として「健康でありたい」というのは本質的な感情ですので、筋トレをする理由のしても多いです。

 

「健康でありたい」を言い換えると「死にたくない」とも言えるので「危機感」からくる感情と言えます。

「危機感」のそのままなので、特徴は必要ないですね。

 

 

筋トレをする理由を知ると筋トレを辞めなくなる。

 

ここまでは「筋トレをする理由」について書いてきました。

 

なぜ、改めてこんなことを書いてきたかと言うと

「筋トレをする理由が明確になると、筋トレを止める確率が下がる」

からです。

 

筋トレの最初の課題って「習慣にすること」なのですが、なかなかその課題を突破できずに辞めてしまう人が多いんです。

 

なので、この記事を読んでいる人にも

「筋トレをする理由を明確」にして頂きたいと思っています。

 

おさらいですが

①理想に近づきたい(自己満足)

 

②なめられたくない(自己防衛)

 

③誰かを振り向かせたい(承認欲求)

 

④健康であり続けたい(危機感)

の4つの中に、自分がどれに当てはまるのか

そして、その理由をもっと明確に突き詰めていくと、たとえ筋トレがキツかろうがジムに行けますよ。

 

もし、その理由を筋トレ以外の方法で叶えられるのであれば筋トレを辞めても全然OKです。

 

筋トレする理由をいくつか持っていた方が良い

この章で最後となりますが、

筋トレをする理由はいくつか持っていた方が良いです。

 

たとえば、

「ダイエットしてヒップアップして、腹筋もお腹にスジを入れて綺麗なカラダになりたい」

という人は筋トレするしかありません。

 

有酸素やヨガでは”ヒップアップや腹筋にスジを入れる事は不可能”ですからね。

 

もし仮に、この人が「キツい…辞めようかな」となった時、に筋トレをする理由が1つしかなければ、高確率で辞めます

 

しかし、

「キレイになってモテたい!」「こどもが産まれてお母さんになった時、ずっと健康でいたい!」

といった理由を複数もっていると、筋トレを辞める確率はグンと下がります

 

今回の話は筋トレに限った話ではないですよね。

 

なにか物事を成し遂げなければならない時、

理由をいくつか持っていると「継続率」が高まります。

 

今回はここまでです。

 

なにか質問などがあればコメント欄に下さい。(100%返信します)

 

ではまた。

 

 

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

ランキング上がるので下のボタンをポチってくれたらありがたいです。

※なんの登録も必要ありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です