筋トレにかかるお金を安くするアイデア7選(月々0円で筋トレできるかもよ!?)

どうも、ジムエモンです。

筋トレを始めたいけど、できるだけお金はかけたくない!」と考えられる方って多いですよね。

というより、9割くらいの方がそう思われているのではないでしょうか?

 

そんな賢い節約家さんに向けて、今回は「筋トレにかかるお金を安くおさえる方法」を紹介していきマッスル。

 

ぼくも学生のころ、生活費に奨学金をつかうほどの “びんぼー学生” でした。

そんなぼくは、あらゆる手をつくして筋トレにかかる費用を、なんと「月々ほぼ0円」におさえることに成功しました(すごくね?)

この記事では「筋トレしたいけどお金がない!」と悩んでる方に、【筋トレにかけるお金を安くおさえるアイデア7選】を伝授していこうかと思います。

ジムエモン
ジムエモン
このアイデアがあれば、お金がなくても筋トレを始められます!!

筋トレにかかるお金を安くするアイデア7選

今回紹介するアイデアを1つでも多く取り入れるだけでかなり安くおさえられるので、ぜひ参考にしてみてください。

ジムエモン
ジムエモン
やり方次第では4000円以下におさえられるで!

 

【安くおさえるアイデア①】市営ジムを利用する

ふつうのジムに通うと月7000〜10000円ほどお金がかかります(週2〜3で通うと1回あたり600〜1300円ほど)。

しかし、お金のない方にとっては少々もったいない出費とも言えますよね。

 

そんな方は「市営ジム」がおすすめです。

 

市営ジムであれば1回あたり200〜300円でパワーラックや基本的なマシンを使うことができます。

デメリットは「①24時間ではない ②そんなにキレイではない」くらいで、筋トレにはまったく差し支えありません。

近くに市営ジムがある方には、かなりおすすめできるアイデアです。

ジムエモン
ジムエモン
ぼくも初心者のころは市営ジムで筋トレしてたけど、モリモリ筋肉ついたで!

 

【安くおさえるアイデア②】ホームジムをつくる

ホームジムというと「高いんじゃないの?」と思われる方もいるかと思います。

たしかに、バーベルなどを揃えようと思うとお金は数十万かかります。

しかし、以下の2つのアイテムがあれば十分に鍛えられます。

 

①ダンベル(おもりを変えられるもの)

②ベンチ(シートの角度を変えられるもの)

 

※この2つで大体2〜3万くらい

 

特に初心者のうちはこの2つさえあれば、筋肉をつけることは “余裕のよっちゃん” です。

バーベルスクワット・ベンチプレスなどはできませんが、工夫すればそれらに近いことはできます(もちろん効果あり)。

デメリットは初期にお金がかかるくらいですが、一度購入すれば無料で使い放題であることを考えるとメリットだらけですね。

 

パーソナルトレーナー推奨!家トレで持っておくべき【おすすめの筋トレ器具】 筋トレはジムでやるべき?家じゃだめ?【元ホームトレーニーからの失敗しないアドバイス】

 

【安くおさえるアイデア③】ジムで働く

裏ワザですが、ジムで働くとそのジムの設備を「無料」で使うことができます。

「筋トレしたいけどお金がない」という方からすると、給料がもらえる&ジムを無料で使えるというこの上ないメリットがあります。

もちろん、すでに会社員として働いている方にはムリな話ですが、フリーター・学生さんにはおすすめです。

 

【安くおさえるアイデア④】自重トレーニングを行なう

自重とは、自分の体重で行なうことですね。

つまり「無料」です。

筋トレを始めたての人は、自重で筋トレをしても筋肉がつきます。

しかし、以下のようなデメリットもあります。

 

自重トレーニングのデメリット

 

バリエーションが少なく飽きやすい

自重で鍛えにくい筋肉(背中など)がある

慣れてきたときに、自重だけでは負荷を上げにくい

 

自重トレーニングは”超”初心者向けと言えますね。

筋トレをやったことが無い人・どうしてもジムに行く時間がない人におすすめです。

 

【安くおさえるアイデア⑤】まかないが出る飲食店で働く

筋トレと関わる出費として「食費」が挙げられます。

なぜなら、筋肉をつけるためには肉・魚・米・麺類などを食べる必要があるからですね。

そして、たくさん食べるという事は食費も増えてしまうわけです。

 

そこで、まかないの出る飲食店ではたらけば1食分の食費が浮くことになります。

仮にお金がない中で1人暮らしされているとして、1食分の食費が浮けば1ヶ月あたり6000〜7000円は助かりますよね。

ジムエモン
ジムエモン
ぼくはラーメン屋で働いて、チャーシュー麺大盛りを毎日食べてました!(笑)

 

【安くおさえるアイデア⑥】たんぱく質を「鶏肉」「卵」から摂る

さきほどの話とつながりますが、筋肉をつけるためには食事が大切です。

なかでも、筋肉の材料である「たんぱく質」をたくさん摂らなくてはいけません。

しかし、毎日のように肉や魚を食べていると、食費がいつもの2〜3倍かかってしまいます。

そこで、安価で良質なたんぱく質である以下の2つを主なたんぱく源にすると、かなり食費を抑えられます。

 

①鶏肉(ムネ・ササミ)

→100gあたり50円くらい。体重50kgの人であれば 500g / 日 食べれば十分なたんぱく質を摂れる。

 

②卵

→1パック150~200円くらい。タンパク質が豊富なうえに、筋肉に必要なビタミンが含まれている。

 

この2つは安い&良質なので、まじでおすすめです!

ジムエモン
ジムエモン
ボディビルダーの方々も、この2つをたんぱく源にしていることがおおいですよ~

 

【安くおさえるアイデア⑦】サプリをまったく利用しない

筋トレを始めると「プロテイン飲まなきゃ!」「アミノ酸も摂ったほうがいいのかな?」と考えがちです。

しかし、これは間違いです。

サプリにお金を使いだすと月々0.5〜2万使うことになります。

 

サプリというものは “栄養補助食品” であるため、食事からの栄養が足りてさえいれば必要ないんですね。

とくに、サプリで有名なプロテインは「たんぱく質」でしかなので、食事からがんばれば摂れるので、ムリして買わなくて大丈夫です。

ジムエモン
ジムエモン
しいて、摂るとするのであれば「ビタミン&ミネラル」ですね〜。

やみくもにサプリに頼らないように!お金がなくなるだけ!!

 

筋トレにかかるお金をおさえるベストな方法は何なん??

では、もっとも安く筋トレをするには何がベストなのか。

結論、人によります。

なぜなら、人によっておかれている環境が違うからです。

たとえば、社会人の方がジムでアルバイトして施設を無料でつかう、なんて出来ませんよね。

なので、この章では【ケース別】にベストな方法を紹介していきます!

 

※ちなみに、以下の3つは誰でも取り入れられます!

 

【安くおさえるアイデア④】自重トレーニングを行なう

【安くおさえるアイデア⑥】たんぱく質を「鶏肉」「卵」から摂る

【安くおさえるアイデア⑦】サプリをまったく利用しない

 

「アルバイト可能な人」が筋トレ費用を安くおさえるには

筋トレの費用をもっとも安くするには

 

①ジム・飲食店どちらもアルバイトする

②市営ジムに通う

ぼくがビンボー学生時代に実践していた方法です。

ジムでは働いていませんが、飲食店でバイト+学校のジムを活用することによって、「月々ほぼ0円程度」で筋トレをすることができました。

バイト代をまかなうための飲食店でのアルバイトは、結果的に食費をおさえることにもつながるのでおすすめです。

 

「アルバイトをできない人」が筋トレ費用を安くおさえるには

筋トレの費用をもっとも安くするには

 

①市営ジムの通う

②ホームジムをつくる

③自重トレーニングを行なう

アルバイトができないのであれば、上記の方法で費用を安くおさえることができます。

③自重トレーニングに関しては、先ほど書いたデメリットにより強くおすすめはできませんが、選択肢としてはなしではないです。

もっとも、市営ジムにも閉館時間が早いケースがあるため、そういった方はホームジムをつくることをおすすめします。

 

「ジムに行く時間が取れない人」が筋トレ費用を安くおさえるには

筋トレの費用をもっとも安くするには

 

①ホームジムをつくる

②自重トレーニングを行なう

「時間もお金もないよ!」というかたは、ホームジム一択ですね。

時間がないということは、ジムに行く時間もありませんよね。

なので、家にジムを作ってしまう以外に方法はありません。

もっとも、ホームジムには2~3万円かかるため、そのお金を準備できない人もいると思います。

なので、提案としては「ホームジムのために貯金をする&お金がたまるまで自重トレーニングを行なう」がベストではないでしょうか。

 

まとめ

今回紹介した「筋トレにかかるお金を安くするアイデア7選」は、取り入れ方しだいによっては ‘‘ほぼ無料‘‘ で筋トレをすることもできます。

「お金がない…でも筋トレしたい!!」というかたは、ぜひ取り入れてみてください!

おさらい

 

【アイデア①】市営ジムを利用する

【アイデア②】ホームジムをつくる

【アイデア③】ジムで働く

【アイデア④】自重トレーニングを行なう

【アイデア⑤】まかないが出る飲食店で働く

【アイデア⑥】たんぱく質を「鶏肉」「卵」から摂る

【アイデア⑦】サプリをまったく利用しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です