筋トレがビジネスに活きる9つの理由。‘‘ダメ人間‘‘から一流へ。

 

 

「ビジネスマンなら筋トレすべき」

「筋トレこそ最高の自己投資だ」

 

 

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

 

 

そして‘‘なぜ筋トレがビジネスと関係あるんだろう‘‘とギモンに思った事はありませんか?

 

 

そんなギモンを解決する記事です。

 

この記事のまとめ

 

  1. 「一流ビジネスマンってなんで筋トレするんだろう」
  2. 「筋トレするとビジネスにも活きるの?」

 

といったギモンに‘‘元ダメ人間‘‘ことジムエモンが解説する記事です。

 

 

元ダメ人間なの?

 

はい。筋トレする前は「起きる→なんとなく仕事する→帰宅→ダラダラYoutubeを見る→寝る」という生活を送るダメ人間でした!

 

おぉ、ほんまに絵に描いたようなダメ人間やね(笑)

 

そうなんです(笑)
しかし筋トレを始めてからは【会社での成績】【収入】【生活レベル】【人間関係】のすべてがレベルアップしました。筋トレ様様です。

 

 

 

本記事の内容

 

  1. 筋トレがビジネスに活きる理由
  2. インタビュー「筋トレ始めてどう変わった?」
  3. 著者が筋トレで人生が変わったハナシ
  4. 筋トレは本業のリスクヘッジにもなる
  5. ビジネスマンが筋トレを習慣にするコツ

 

 

 記事の信頼性

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

先述しましたがボクは‘‘元ダメ人間‘‘で、筋トレの恩恵(ビジネス力)を受けた一人でもあります。

 

現在はパーソナルトレーナーとして、たくさんの方のボディメイクに携わらせていただいておりますが、お客さんは口を揃えて

 

筋トレが仕事にめっちゃ活きている!

 

とおっしゃいます。

 

この記事を読むと「筋トレがビジネスに活きる理由」がわかります。

 

また、忙しいビジネスパーソンのために筋トレを続けるコツなども解説しております。

 

さっそく本題に入りましょう。

 

筋トレがビジネスに活きる理由

 

筋トレがビジネスに活きる理由

  1. 見た目が良くなり、自信を持てる
  2. 物理的に強くなり、物怖じしなくなる
  3. 人に覚えられるようになる
  4. 自分自身への追い込みによりメンタルが強くなる
  5. PDCAが身につく
  6. 継続する大切さがわかるようになる
  7. 勉強することの大切さがわかるようになる
  8. 健康的な生活になる
  9. 時間の管理がうまくなる

 

1つずつ深堀して解説していきます!

 

見た目が良くなり、自信を持てる

 

筋トレをすると

  1. 厚い胸板
  2. 太い腕
  3. 広い肩幅・背中
  4. シックスパック
  5. 馬のようなたくましい脚

を手に入れることができます。

 

上記のような‘‘良いカラダ‘‘になると、嫌でも自分に自信がもてるようになります。

 

鏡を見るたびに良いカラダが映る。

 

ちょっとナルシストのようになりますが、自分の見た目に自信をもてるようになると、

 

ビジネスでも

  1. 自信をもって商談できる
  2. 言葉に自信が溢れる

といったメリットを得られるようになります。

 

筋トレで見た目が良くなり、自信をもてるとビジネスの結果につながります。

 

物理的に強くなり、物怖じしなくなる

 

筋トレすると

  1. 重たいものが扱えるようになる
  2. 筋肉量が多くなる
  3. 体力がつく

といったように、物理的に強くなります。

 

物理的に強くなると「もし何かトラブルに巻き込まれても大丈夫!」と思えるようになります。

 

ボクも元々ガリガリだったので、自分より大きくて怖そうな人を見るとビビっていましたが、今は何とも思いません(笑)

 

結果的に、物怖じしなくなり仕事などでもどんどんチャレンジできるようになります。

 

人に覚えられるようになる

 

筋トレするとガタイが良くなります。

 

ガタイが良い=ふつうの人と違う‘‘マイノリティな存在‘‘になれるので、

 

取引先やクライアント様に一回会うだけで覚えてもらえるようになります。

 

覚えてもらえないビジネスマンより、覚えてもらえてた方が商談などもスムーズにいきますよね。

 

ビジネスシーンだけではなく、お店の人にも覚えられやすくなったりします(笑)
そこから仲良くなって、ビジネス仲間もできるかもしれませんね。

 

筋トレでガタイが良くなり、人に覚えられるようになるとビジネスに活きます。

 

自分自身への追い込みによりメンタルが強くなる

 

筋トレでカラダをつくるという行為は決してラクなものではありません。

 

忙しい日常の中に時間をつくりだし、トレーニングもしっかり追い込んで、食事管理も徹底する。

 

しかも、それを‘‘継続‘‘しないとカラダは変わりません。

 

筋トレすると『継続は力なり』という言葉の重みを感じることができます。
トレーニングでの追い込みはもちろんですが、それを継続するという自分への追い込みも必要です。

 

このように『自分を追い込む行為』によって多少のことではへこたれなくなり、

 

鋼のメンタルを手に入れることができます。

 

このメンタルはビジネスにおいて

  1. 嫌なことがあってもめげない
  2. 失敗してもすぐに切り替えれる

といったことに役立ちます。

 

PDCAが身につく

 

筋トレはPDCA『Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)』を繰りかえさなければ、筋肉をつけることができません。

 

例を挙げるならば

 

P(筋トレ・食事メニュー作成)

D(ジムに行く、食事を食べる)

C(筋肉量、体脂肪率などが目標値に近づいているのか検証)

A(うまくいってなければ、メニューの組み直し)

 

このPDCAの繰りかえしこそがボディメイクの本質です。

 

たしかに。
筋トレに正解はないからPDCAを繰りかえし回しながらやっていくしかないね。

 

そして、ビジネスもPDCAの繰りかえしですよね。

 

言うまでもなく、筋トレのPDCAをうまく回せる人はビジネスのPDCAもうまく回せるようになります。

 

よって、ビジネスにも活きます。

 

継続する大切さがわかるようになる

 

筋トレは【筋トレ・食事・休息】を‘‘継続‘‘しなければ、結果が出ません。

 

なので「筋肉をつけることができる=継続力がある」といっても過言ではありません。

 

また、継続をやめるとどんどん元のカラダに戻っていきます。

 

このように筋トレで筋肉をつけれるようになると‘‘継続の大切さ‘‘が分かるようになるので、結果的にビジネスにも活きます。

 

勉強することの大切さがわかるようになる

 

筋トレって

 

「ジム行ってトレーニングすればいいだけでしょ?」

 

と、思われがちなのですが、実はそんなことないんです。

 

というのも、さきほども書きましたが筋肉をつけるためには【筋トレ・食事・休息】が必要だからです。

 

そしてこの【筋トレ・食事・休息】といっても、各々についてたくさんの知識が必要です。

 

【筋トレ】で例えるなら

  1. 正しいフォームは何なのか
  2. 回数やセット数はどれがベストなのか
  3. 筋トレの頻度はどれがベストなのか
  4. 狙った部位に対するメニューは何なのか

といった感じです。

 

もちろん、これだけじゃないです。
筋トレは‘‘奥深く、勉強が必要‘‘なのです。

 

これらの知識を得るには勉強が必要で、「とりあえず筋トレすれば筋肉つく」なんて事はありません。

 

大人になって勉強する機会が減っている人も多いかと思います。

 

筋トレで良いカラダになる(=勉強する)ということは、

 

ビジネスにおいても”どのようにすればいいのか”を考え勉強する習慣を身につけることにもつながります。

 

健康的な生活になる

 

さきほど、筋肉をつけるためには【筋トレ・食事・休息】が必要だと言いました。

 

そしてこの3つの要素をしっかりと意識して生活すると、自ずと”健康的な生活”になります。

 

健康的な生活になれば、頭がクリーンになりビジネスアイデアも浮かびやすくなります。

 

ボクのパーソナル経験からしても、”健康的な生活になりたいから筋トレする”という経営者さんが多いです。

 

筋肉をつけるために【筋トレ・食事・休息】を意識した生活になる。

 

結果的に、健康的な生活となり頭も冴えるのでビジネスに活きます。

 

時間の管理がうまくなる

 

忙しいビジネスマンが筋肉をつけるためには

 

  1. ジムに行く時間の確保
  2. 1日の食事スケジュールの確保
  3. 睡眠時間の確保

 

など、さまざまな時間管理能力が求められます。

 

  • ジムに行くために「この仕事を何時までに終わらそう」
  • 食事を摂るために「今日の晩から自炊しておこう」
  • 睡眠時間を確保するために「Youtubeは30分だけにして寝よう」

 

といった感じで時間管理をするようになります。

 

その結果、時間管理がうまくなりビジネスにおいてもスケジュールを立てることがうまくなります。

 

ビジネスマン(営業職)へのインタビュー「筋トレ始めてどう変わった?」

 

筋トレがビジネスに活きる理由を解説してきましたが、実際にボクのパーソナルのお客様(Yさん)に‘‘インタビュー‘‘してみました!

 

協力者 : Yさん

職業 : 一部上場企業の営業マン

性別 : 男性

年齢 : 38歳

筋トレ歴 : 2年4カ月

カラダ : 身長178cm、体重77kg(体脂肪率12%)

 

: よろしくお願いします!

本日は『筋トレとビジネス』というテーマでインタビューさせていただきます!

 

 

Yさん : お願いします。なんだか緊張しますね(笑)

 

 

: ボクも緊張してます(笑)さっそくなのですが、

 

Q1.筋トレを始めて「こんなことが仕事に活きているな~」と思うことを教えてください。

 

 

Yさん : はい、ボクが筋トレが仕事に活きていると思うことは

 

営業先のクライアントさんに1回で顔を覚えられるようになったこと

 

周り(同僚・クライアントさん)の対応が‘‘分かりやすく‘‘変わったこと

 

どんなことにも物怖じしなくなったこと

 

この3つです。

 

 

: なるほど。詳しく教えて頂いてもよろしいでしょうか?

 

 

Yさん : はい。

 

元々は今より体重が10kgほど軽く、見た目もふつうでした。

 

そのため、クライアントさんからすると‘‘ふつうの営業マン‘‘って思われていたはずです。

 

その証拠に2度目に会うクライアントさんから「どちら様ですか?」といった感じで、顔を覚えられていないこともしばしばありましたね。

 

しかし筋肉がついてからそういった事はなくなったので、仕事がしやすくなりましたし、

筋トレをされているクライアントさんと筋トレの話で盛り上がったりして、一気に距離を詰めることができたりしました。

 

また、見た目がすこしゴツくなったせいか、上司からのパワハラチックな頼み事もなくなりましたし、後輩から頼られることが増えました。

 

別にビビらせてるわけではないんですけどね(笑)

 

あとは、メンタルですね。

 

トレーニングはぶっちゃけキツイですし、食事も選んで食べなければ筋肉がついてくれない。

 

仕事が忙しい時期などは「もう今日は筋トレ休もうかな」なんて思ったりすることもありました。

 

そんな中、筋トレ・食事管理を継続してきたことによってメンタルが鍛えられましたね。

 

具体的には『継続力・忍耐力・自分への自信』です。

 

筋トレによって得たメンタルは‘‘確実に‘‘仕事に活きてますね。

 

: 詳しくありがとうございます。筋トレによってカラダだけではなくメンタルの変化も仕事に活きているわけですね。すこしぶっちゃけた質問ですが、

 

Q2.筋トレ始めてから営業の成績・収入は増えました?

 

Yさん : これが面白いくらいに増えたんですよ(笑)

成績(売上)は約1.5倍、収入は会社員なのでドカッと上がることはないですが、ボーナスも例年より増えましたね。

 

 

: マジですか…すごすぎます(笑)

 

ここまで筋トレのメリット的な話ばかりを聞いてきましたが、

 

Q4.あえて筋トレの‘‘デメリット‘‘を挙げるとするなら何ですか?

 

 

Yさん : う~ん…むずかしい質問ですね。

 

あっ、ひとつだけありました!

 

スーツを買い替えなければならないこと」です(笑)

 

筋肉がつき、脂肪が減るたびにスーツのサイズが合わなくなるんですよねぇ。

 

 

: すごく分かります(笑)ボクも唯一デメリットだと感じるところです。

 

 

Yさん : ですよね~。ウエストはダボダボ、肩・胸周りはパツパツになるので、新しいスーツに買い換えました(笑)

 

これから筋トレ始めるビジネスマンは‘‘筋トレ始めて半年くらい‘‘でまずは買い替えることになると思うので、用心しておいてほしいところです。

 

逆にスーツのサイズが変わらないようじゃ、間違えた筋トレ・食事をしていると思います(笑)

 

 

: それはおもしろい考察です。たしかに男性はしっかりとした筋トレ・食事をすれば服のサイズが変わって当前ですからね。最後の質問です。

 

Q4.筋トレ始めて良かったですか?

 

 

Yさん : もちろん!辞めるなんて考えられません!(笑)

 

 

: それを聞けて良かったです!ご協力ありがとうございました!

 

著者が筋トレで人生が変わったハナシ

 

冒頭でも書いた通り、ボクは”元ダメ人間”でした。

 

仕事もテキトーにこなし、帰ってダラダラする生活。

 

1日の中で、とくに頭をつかう機会もなく「同い年のアイツはもうチームリーダーか。すごいな〜」

 

とか考えつつ、なにも行動しない毎日が続きました。

 

そんなある日の仕事帰り、ボクの前を”歩きタバコ”をしながら同じスピードで歩いていくサラリーマンがいました。

 

ボクは歩きタバコが『人生で1番嫌いな行為』なので、注意しようとしました。

 

が、注意できませんでした。

 

なぜなら、その歩きタバコをしているサラリーマンは”ガタイがよく、逆鱗に触れると殺されそうだったから”です。

 

この時ボクは「無力感・絶望感」を感じたともに、ある決心をしました。

 

歩きタバコを注意できるようなカラダになろう

 

普通の人からすると

 

「注意して殴られれば警察行けばいいじゃん。なんでお前がカラダを変える必要があるの?」

 

と思うかもしれません。

 

が、ボクはそんな事をまったく考えずに「カラダを大きくして、歩きタバコを絶滅させてやる」と決めました。

 

カラダを大きくするためには何をすればいいのか。

 

まっさきに思い浮かんだのは『筋トレ』です。

 

決心したその日にダンベルなどの器具を買い、家トレをスタートさせました。

 

毎日、1〜1.5時間のトレーニング。

 

大きくなるための食事(高タンパク質×高炭水化物)。

 

大きくなるための休息(睡眠、ストレッチ、マッサージ)

 

ボクの生活は

 

『起きる→仕事→YouTubeをみる→寝る」

 

というダラけた生活から

 

『起きる→仕事→筋トレ明日の準備→寝る』

 

といった感じに変わっていきました。

 

するとカラダがみるみる大きくなり、ガタイも良くなりました。

 

そんなある日気づいたんですね。

 

「あれ、オレってこんなに頑張れる人間だったのか」と。

 

筋トレを続けるたびに

 

・仕事で「ダルい」と思うことが減り、なんなら効率が上がり売上アップ

・ジムに行くために「何を何時までに終わらせればいいのか」などスケジュール管理能力が身にについた

・カラダが大きくなるにつれて上司に舐められなくなり、後輩に慕われるようになった

・クライアントさんに自信をもって話せるようになった

 

ということを実感しました。

 

ボクの場合、

 

ダラけた生活→筋トレのある生活

 

になっただけで、人として変わりました。

 

今、すでに仕事である程度成果を出されているかたが筋トレを始めると、もっと成果が出るに違いありません。

 

筋トレとビジネスというのは深いつながりがあります。

 

これから筋トレを始めようと思っているビジネスマンの方は、筋トレを『人生を豊かにするツール』だと思って取り組んで欲しいです。

 

【関連記事】

 

筋トレは本業のリスクヘッジにもなる

 

 

筋トレをしていると、‘‘本業のリスクヘッジ‘‘にもなります。

 

本業のリスクヘッジ?

 

どういうことかというと、

 

もし、本業の収入が大幅に減ったり、会社でトラブルがあり「このままじゃヤバイ、生活できない」といったとき、

 

筋トレをしていると【筋トレ・食事・休息】の知識はすでに身につけているので、いつでも『筋トレ関係の仕事』ができます。

 

たとえば『パーソナルトレーナー』。

 

パーソナルトレーナーは知識さえあればなれます(資格は必要ありません)。

 

もっというと、就職せずともフリーランスで働けます。なので副業としても働けますね。

 

というのも、世の中にはレンタルジムなどが増えていて、大体1回(1時間)あたり2000~3000円でレンタルすることができます。

 

そして、お客さんを知人やSNSなどから集客すれば、カンタンに10人くらいは集まります。

 

本業の収入が少なくとも、副業でパーソナルトレーナーをすると十分に生活できますし、うまくいけばトレーナーとして独立できます。

 

パーソナルトレーナーはほんの一例ですが、このように筋トレをしていると本業でトラブルがあった時のリスクヘッジになります。

 

ビジネスマンが筋トレを習慣にするコツ

 

ビジネスマンって忙しいですよね。

 

なので、新しいことを始めてもなかなか継続できなかったり、モチベーションが下がったりすることもしばしばあると思います。

 

なので、この章では『筋トレを習慣にするコツ』を解説していきます!

 

筋トレを習慣にするコツ

  1. 毎日筋トレ
  2. モチベーションの上げ方を知っておくこと

 

毎日筋トレ

 

今、習慣になっていることを思い浮かべてください。

 

  • 朝のコーヒー
  • 歯みがき
  • シャワーを浴びる

 

など、習慣になっていることがいくつかあるでしょう。

 

これらの習慣になっていることって、‘‘毎日やっていたから‘‘習慣になったんですよね。

 

ということで、筋トレも毎日やれば習慣になります。

 

毎日筋トレ…キツそう。

 

確かに最初はキツイです。

 

ですが「一日一回でも筋トレすればいい」と考えると、心がラクになりませんか?

 

毎日筋トレのメリット・やり方については、筋トレ初心者は「毎日筋トレ」した方がメリットだらけにまとめていますので参考にしてください。

 

モチベーションの上げ方を知っておくこと

 

忙しい日常のなかで「今日はしんどいな…筋トレサボろうかな」といったように‘‘モチベーションが上がらない日‘‘も出てきます。

 

(トレーナーのボクですらあります)

 

なので、あらかじめ『モチベーションの上げ方』を知っていた方が筋トレの継続率が上がります。

 

モチベーションの上げ方について詳しくは筋トレのモチベーションを”爆上げ”する方法をお読みください。

 

まとめ

 

筋トレがビジネスに活きる理由

  1. 見た目が良くなり、自信を持てる
  2. 物理的に強くなり、物怖じしなくなる
  3. 人に覚えられるようになる
  4. 自分自身への追い込みによりメンタルが強くなる
  5. PDCAが身につく
  6. 継続する大切さがわかるようになる
  7. 勉強することの大切さがわかるようになる
  8. 健康的な生活になる
  9. 時間の管理がうまくなる

 

・筋トレは本業のリスクヘッジにもなる

 

筋トレを習慣にするコツ

  1. 毎日筋トレ
  2. モチベーションの上げ方を知っておくこと

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です