筋トレで太った?いいえ、あなたが筋トレで太った確率はほぼ0%です。

 

こんにちはジムエモン()です。

 

今回は

「筋トレ始めてから太った…

筋トレが原因なのかな」

といった方の悩みを解決します。

 

結論からいうと

「あなたが筋トレで太った確率はほぼ0%」

です。

 

この記事を書いているボクは

 

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

 

筋トレして太ったと思われている方は、

筋トレが原因で太ったわけではないのでは安心してください。

 

「なんで見てもないのにそんなこといえるんだよ!(怒)」

 

と思いますよね。

それでも筋トレが原因で太ったわけではないと断言できます。

 

断言できる理由としては

 

ボクのパーソナルを受けにきたクライアントさんが太った原因が

「ほぼ100%食事のせい」

という経験からもいえます。

 

おそらくあなたも筋トレが原因で太ったわけではありません。

 

太った原因を知って、筋トレでナイスボディになりましょう。

 

レッツゴー。

あなたが筋トレで太った確率はほぼ0%

 

繰り返しになりますが、あなたが筋トレで太った確率はほぼ0%です。

なので、「筋トレをやめようかな」と考えられている方は、絶対に筋トレをやめないでください。

やめた方が確実に太ります。

 

そもそも、痩せるためには

「消費カロリー < 摂取カロリー」

という状態をつくらなければならないのですが、

この状態になっていないから太ります。

 

太るのにカロリーはあまり関係ないって聞きましたが、やはりカロリーが大切ですか?

というギモンを持っている方がもいますよね。

 

たしかにダイエットはカロリーだけでは語れない部分もありますが、カロリーは痩せる上で目安になるので、絶対に無視してはいけません。

もしカロリーがなければ、何を基準にダイエットすればいいのかわからないです。

もし、カロリーを気にせず痩せたとしても必ずといっていいほど停滞します。

そして、停滞した時になにを参考に食事を変えればいいのかわからなくなります。

なので、カロリーはやはり大切です。

 

全てではないですが、カロリーオーバーが太った根本原因です。

ここからは太った原因をもっと細かく解説していきます。

筋トレで太ったわけではない。あなたが太った原因はこの4つ

 

太った原因は大体この4つです。

①食べ過ぎ

 

②食事回数が少ない

 

③タンパク質不足

 

④有酸素を筋トレだと思っている

ひとつずつ解説していきます。

①食べすぎ(消費カロリー < 食べるカロリー)

 

ボクのクライアントさんで

食べる量を減らしてるのに痩せない…

という人がいます。

 

そういった人に1日の食事内容を聞いてみると

【実例】

(朝) ご飯200g、ソーセージ2本、目玉焼き3つ、

(昼) 外食(ハンバーグ100g)、コーンスープ

(間食) おにぎり

(夜) 唐揚げ3つ、パスタ70g、

(夜食) ハイボール3杯、チーズ50g

これを見てあなたはどう思うでしょう。

 

パーソナルトレーナーのボクから言わせると

「明らかに食べすぎ」

です。

※全ての方がこの食事内容で太るわけではないので、ご注意を。あなたの消費カロリーによってはこの食事でも痩せます。

 

なにが言いたいかというと、

「あなたの”食事を減らしてる”は当てにならない」

という事です。

 

この言葉、グサっと刺さりますよね。

しかし真実はそうなのです。

 

あなたの頑張りも消費カロリーを超えている食事をしていては実らないです。

 

そこで、どうすればいいかというと

「消費カロリー以下の食事をする」

ということです。

 

消費カロリーに関してはこちらのサイトで計算するとすぐに出てきます。

まずは自分の消費カロリー以下の食事を目指してみてください。

②食事回数が少ない

ボク(パーソナルトレーナー)はカウンセリングの時に

「1日の食事回数は何回ですか?」

と必ず聞くのですが、太っている人は

「1日2食です」

という人が多いです。

 

実はこの‘‘2回‘‘という食事回数はダイエット向きではありません。

 

じつは、「食事回数が少ないと消費カロリーが生まれにくくなります」

どういうことかというと、

人は“胃腸の消化にもカロリーを消費している”んです。(DIT)

 

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。この代謝の増加を食事誘発性熱産生(DIT: Diet Induced Thermogenesis)または特異動的作用(SDA: Specific Dynamic Action)といいます。

引用元 : https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html

 

上記の内容をカンタンに説明すると、

食後は代謝量(消費カロリー)が増える=痩せやすくなる

ということです。

 

その食事回数が少なくては代謝量(消費カロリー)が減るということになります。

なので、2食だけの人は5食にした方がほうが3回も多くカロリーを消費できているということになります。

 

もちろん、食事回数を増やしても1日のトータルカロリーが増えれば意味がありません。

消費カロリー以下の食事をしながら食事回数を増やせばいいんだね!

そうゆうことです。

 

食事回数を増やして消費カロリーを増やしましょう。

③タンパク質不足

1日の食事でタンパク質(筋肉の材料)の食べる割合を増やすと消費カロリーが高まります。

 

食事誘発性熱産生でどれくらいエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。引用元 : https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html

 

上記の記事の内容をカンタンに説明すると

「タンパク質が1番消費カロリーを増やすよ(痩せやすくなる)」

という事です。

 

そのため、まずはタンパク質中心の食生活に変えましょう。

 

ちなみに、タンパク質は

・肉(赤身)

 

・魚

 

・卵(白身)

などに多く含まれています。

 

筋肉の材料にもなるので、痩せたい人は必ず摂るべきです。

もちろん、消費カロリーより多く食べては太るので

タンパク質の割合を増やす

を意識しましょう。

④有酸素を筋トレだと思っている

多くの人(特に女性)に当てはまると思うのですが、

ジムでランニング=筋トレ

と思っている人はいませんか?

 

残念ながら、ランニングは筋トレではなくただの有酸素運動です。

ジムでやること全てが筋トレではありません。

 

そして、この有酸素運動というのは「走っている時だけしかカロリーを消費しない」

という特徴があります。

 

対して、筋トレは「筋トレ後も代謝(消費カロリー)が高い状態がつづく」

という特徴があります。

 

なので、ランニングを‘‘1時間するなら筋トレを1時間やったほうがダイエットしやすい‘‘です。

 

詳しくはダイエットしている人に伝えたい。その有酸素(ランニング)必要ですか?で解説しています。

太った原因は分かったが、でも「どうしても食べなければいけない時」はコレ

ここまで読んできた人の中で

会社の飲み会、付き合いで外食に行かなければならない。そんな時の食事はどうすればいいですか?

という方がいると思います。

こういった場合にも先ほどの章で解説した「タンパク質を増やす」「消費カロリー以下の食事をする」

というのを意識すればOKです。

 

しかし、実際は

・その場の雰囲気で食べなければいけない

 

・コース料理などで食べ物を選べない

といったケースも多いです。

 

こんな時にサプリの出番です。

世の中には「糖質の吸収を抑える」というサプリがあります。

しかしどのサプリもイマイチ、パッとしませんし効果があるのかどうかわかりません。

その中でもバツグンに糖質の吸収を抑える効果をもったサプリがファインラボ社の「ファイナルブロック」です。

ここの社長の”鈴木克彰”さんは現役ボディビルダーであり、自ら摂るサプリやトレーニング器具を開発しています。(こんな方、他にいない(笑))

なぜ、自分で開発されるかというと

「世の中に効果のあるサプリが少ないから」だと思うんです。

そんな方がこだわりを尽くしたサプリなので、効かないわけがありません。

 

ボクもダイエットの時、飲み会が週に4回ほど続くことがあったので「ファイナルブロック」を使ってみたのですが、

全く体重が増えませんでした。

 

パーソナルトレーナーのボクからも自信を持っておすすめできます。

ぜひ、‘‘お守り‘‘としてひとつカバンに入れておいてはいかがでしょうか?

※本製品の注意書にも書いてありますが「連日での使用」はダメです。

まとめ

・痩せるためには「消費カロリー < 摂取カロリー」にすること

・食事回数を増やすこと(できれば5食)

・タンパク質の割合を増やすこと

・有酸素運動より筋トレすること

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ツイッターやってるのでよかったら仲良くしてやってください。

 

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

ランキング上がるので下のボタンをポチってくれたら嬉しいです。

※なんの登録も必要ありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です