ダイエットは‘‘運動なし‘‘でも可能??

 

この記事のまとめ

 

  1. 「ダイエットをしようと思っているが、運動が嫌い…」
  2. 「ダイエットって運動なしでもできるの?」
  3. 「運動なしでダイエットするメリット・デメリットとは?」
  4. 「運動を好きになる方法があるなら知りたい」

 

といった悩みを鍼灸師&パーソナルトレーナーであるこのボク、ジムエモンが解決していきます!

 

 

早く教えてください!

 

は、はい!(汗)

 

記事の信頼性

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

運動なしでダイエットするのは可能?

 

【結論】運動なしでもダイエット可能です!が、コスパは良くないです。

 

よし、運動なしでもダイエットできるんだね!(嬉)

 

はい!ただ、運動なしではコスパが良いとは言えず、メリット・デメリットがあるのでそれについても詳しく解説していきます!

 

はよ!はよ教えて!

 

運動なしでダイエットする方法

 

運動なしでダイエットする方法(ルール)

  1. 消費カロリー以下の食事をする
  2. タンパク質を増やす
  3. 炭水化物 or 脂質を減らす(場合によってはどっちも減らす)
  4. 可能であれば食事回数は4〜5食にする
  5. 筋トレ前後に食事を摂る
  6. 葉野菜をうまく活用する
  7. “トクホ”に効果を求めない

 

上記を見てお気づきかと思いますが、‘‘食事に関すること‘‘ばかりですよね?

 

ダイエットとは

 

「消費カロリー > 摂取(食べる)カロリー」

 

によって成り立ちます。

 

なので、ダイエットするときは

 

  • 「運動」によって消費カロリーを高めるか
  • 「食事制限」によって摂取カロリーを減らすか

 

という選択肢になります。

 

今回は「運動なし」という条件なので「食事制限」しかありません。

 

上記のルールを守れば運動なしでも痩せます。

 

※上記のルールについて詳しく知りたい方は、下記の記事のなかの【食事編】を参考にしてください。

 

 

 

運動なしでダイエットするメリット・デメリットとは?

 

運動なしでダイエットするメリット・デメリット

 

【メリット】

  • 運動嫌いでもダイエットすることができる
  • 運動する時間を節約できる

 

【デメリット】

  • 代謝がさがる

→ ①リバウンドしやすくなる

→ ②食べる量を今後、増やすことができない(ちょっとでも増やしたら太る)

  • 筋肉が落ちる

→ ①おしりが垂れる

→ ②引き締まったカラダにならない

→ ③姿勢が悪くなる(猫背など)

→ ④体力がなく、疲れやすくなる

 

上記の【メリット・デメリット】を見てどうでしょうか?

 

運動なしのデメリットはなかなか凄まじいね…
ですよね。
せっかく痩せたのに
①リバウンドしやすい
②きれいなカラダにならない
というデメリットがありますね。

 

やっぱり運動したほうがいいのかな?
運動嫌いだけど、いちおう‘‘ダイエットにはどんな運動が良いのか‘‘聞いておくわ!

 

ダイエットに良い運動はズバリ、

 

『筋トレ』

 

です。

 

ランニングや水泳じゃないの??

 

はい、違います!ランニングや水泳などの‘‘有酸素運動‘‘より筋トレのほうがダイエットに優れています!

 

筋トレがダイエット向きな理由

  • 食事制限と筋トレを行なうと
  1. 筋肉が落ちず、脂肪だけが落ちる。
  2. 代謝(消費カロリー)が上がる
  3. 食べれる量が減らない(むしろ増える)
  4. 筋肉がつくので、見た目もキレイになる
  5. 筋力不足による猫背、腰痛、肩こりがなくなる
  6. 体力がついて疲れにくくなる

 

先ほど挙げた運動なしダイエットの【デメリット】を筋トレはすべて解決してくれます!

 

ちなみに、‘‘有酸素運動‘‘はダイエット向きじゃないの?

 

いえ、有酸素運動も『消費カロリー』を生み出すことができるのでダイエット向きではあります。

しかし、有酸素運動では

①筋肉はつかない(筋トレのメリットを得られない)
②有酸素運動のやりすぎは筋肉を落とす

といったデメリットもあります。

 

なるほど、筋トレのメリットを得るには筋トレしかないのね。

 

そういうことです!

 

運動なしでダイエットされたクライアントさんの話

 

過去にボク(パーソナルトレーナー)のクライアントさんで

 

なんか、食事だけがんばれば痩せそうだから筋トレ辞めまーす♪

 

という方がいました。

 

その3か月後、

 

筋トレしてた時と同じ食事(ダイエット食)を食べていたのに5キロも太っちゃった…

 

といってまた筋トレを再開されたのですが、

 

なぜ「筋トレしていた時と同じ食事」をしていたのに、彼女は太ってしまったか分かりますか?

 

それは

 

『代謝(消費カロリー)が落ちたから』

 

です。

 

筋トレすると代謝が上がります。

 

たとえば、1日の消費カロリー1400kcalの人が

筋トレによって、1日の消費カロリーが2000kcalになったりします。

 

そしてこの人が1日平均1500kcalの食事をするとします。

 

筋トレをしていないときは1400-1500=

-100kcalをカロリーオーバーしてしまいます。

 

筋トレしているときは2000-1500=

500kcalをカロリーセーブできていることになります。

 

上記をカンタンに説明すると

 

  • 筋トレしていない=カロリーオーバー

太る

 

  • 筋トレしている=カロリーセーブ

痩せる

 

ということです。

 

(ちなみにこのクライアントさんは、筋トレを再開してから代謝がもどったので、無事にダイエットを成功することができました)

 

「運動なしダイエット」のQ&A

 

 

運動なしでダイエットに成功してから、それを維持するのは難しいですか?

 

維持するのは難しいですね。なんせ筋肉が落ちて代謝が悪い状態なので、食事量を増やせばすぐに太ります。そのため、維持したいのであれば一生ダイエット食を食べていかなければなりません。そんな人生嫌ですよね。

 

 

運動を好きになる方法はありますか?

 

3つあります。①運動する目的を意識しまくる②少しでも楽しいと思う運動からはじめる③”数字で成長がわかる運動”を行なう、です。

 

「運動が好きじゃない!」と言われている方のほとんどは

 

  • 昔、体育などの成績が悪くて苦手だと思いこんでいるだけ
  • 部活や授業などの”強制的にやらされた”運動しかしてこなかった

 

という方ばかりです。

 

自主的に”目的のために”運動してみると

 

「あれ、じぶんってこんなに運動好きだったっけ?」

 

となることが多く、むしろハマる方がほとんどです(ボクのトレーナー経験)。

 

 

「運動なしダイエット」のまとめ

 

運動なしでもダイエットは可能。が、リバウンドしやすい。

 

運動なしでダイエットするなら食事制限の一択

 

ダイエットに向いている運動は『筋トレ』

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ツイッターやってるのでよかったら仲良くしてやってください。

・パーソナルトレーナー(年間セッション数1300以上)

・筋肉で「体重60kg→85kg」の増量に成功

・[資格]鍼灸師 × アスレティックトレーナー

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です